パーマリンクを変更してしまった後にやるべき事

どーも、CNです。
近頃暑すぎて溶けそうですが、いかがお過ごしでしょうか

暑さは熱中症や脱水の原因になるだけでなく、脱水が脳梗塞や心筋梗塞といった血管系疾患のリスクになりますので、こまめな水分補給を忘れずに。

 

さてさて、今日は皆さんにまず一言お詫び申し上げたいことがあります。

7/14~7/16に訪問していただいた方は殆どの記事で「ページが見つかりませんでした。(404 not found)」になってしまい大変驚かれたと思います。
ご不便お掛けしてしまい本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m

パーマリンクを変更するとこうなる

事件は7/14の午前1時頃に起こりました。

僕はいつものようにブログを弄ってました。
最近ブログの閲覧数が思うように伸びず、SEO対策的なことを調べていたのですが、そこに「パーマリンクを設定するとイイヨ!」という危ない言葉が…

 

ホイホイと乗っかりダッシュボードの

「設定」→「パーマリンク設定」→「カスタム構造」から
/%year%/%monthnum%/%day%/%post_id% → /%postname%/%post_id%

に変更し「変更を保存」を押してしまいました…
(今考えるとワンクリックで出来てしまうのが恐いし、ワードプレスの不親切なところだなぁと思うのですが)

 

早速前書いた記事を覗いてみます。



・・・( ゚д゚)   (゚Д゚)

やってしまいました。

あれだけブログ始めた時はパーマリンクの再設定はタブーだから一度決めたらもう変えないでねと頭に入れていた筈なのに…

パーマリンク設定するのメンドイから/年/月/日/IDならば間違いないよねと決めたのに…

過ちを犯す時はいつも一瞬です。

 対策のリストアップ

後悔先に立たず、悔やんでも仕方ないので、出来る対策を考えました。
それをリストアップしてみます。
  1. 期限切れページを削除
  2. 404ページの編集
  3. 301リダイレクトを使う
  4. Google Search ConsoleのFetch as Googleで記事のインデックス登録
 

1. 期限切れページを削除

人間頭が真っ白になると、恐ろしいことを考えるものです。

真っ先に浮かんだのが、期限切れで404 not foundになってしまったページを全部消すということでした。
最悪、変更したページを見てくれればいいやと思いました。

しかし中には検索上位の記事があるし、1年3ヵ月の努力が水の泡になってしまいます。

すんでのところでとどまり別の案に移りました。

2. 404ページの編集

次に考えたのは404ページを編集して変更後のページにテキストリンクで誘導できないかということです。

確かにこの方法なら目的の記事に誘導できるでしょう。

しかし404ページを介して目的のページに飛ぶのは二度手間となってしまうのが難点です。
また404ページの情報量が多くなるのも問題です。

僕もそうですが、404ページを見ると元のページも削除されたと思い直帰してしまいます。
404ページを見せない方が当然ベターなので別の案に移りました。

3. 301リダイレクトを使う

ということで結論は301リダイレクトを使おうということになりました。

一応301リダイレクトについて簡単に説明すると、
URLが変更された場合に用いられる転送処理のステータスコードのことです。

たぶんブログやネットに詳しい方なら当たり前の対応なのですが、ブログ初心者の僕はこの件で初めて301リダイレクトの存在を知りました。

301リダイレクトのメリットとして、以前のURLの評価を、転送先のURLに引き継げるということが挙げられます。
また訪問者にとっても手間がなく、負担を軽減できます。

4. Fetch as Googleでインデックス登録

Fetch as Googleは記事のURLが検索に引っ掛かるよう要請するためのもので、新しいURLをFetch as Googleに登録しました。

 301リダイレクトのやり方

折角の機会なのでWordPressで301リダイレクトのやり方を紹介したいと思います。
  1. 「プラグイン」でSimple 301 Redirectsを新規追加、インストール
  2. 「設定」で301 Redirectsを開く
  3. Requestに以前のURL、Destinationに変更後のURLを入力
  4. 入力後「変更を保存」
3.の「Requestに以前のURL、Destinationに変更後のURLを入力」はちょっとした注意点がありますので、画像で説明します。



↑のように以前のURLを入力する時にブログ本体のアドレスまで含める(絶対パス)とうまくいきません



↑のようにexampleにならってブログ本体のアドレスを抜いて入力してください。
全部入力して以下のようになりました。



 

いかがでしたでしょうか。
あまりに簡単に出来てしまい拍子抜けでした。

一つ注意点としていくら301リダイレクトがあるからといって、パーマリンクは基本的に半永久的に変更しない設定であるということです。

そういった意味でパーマリンクにカテゴリーを含めるのはリスキーだと思います。
最初にパーマリンクを設定するときはブログの名前を決める以上に熟考して決めるようにしたいです。

 

この記事が僕のように間違ってパーマリンクを変更してしまい、悩んでいる方の手助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CN

地方の大学病院に勤務する2年目のヤバレジ。曲をつながたり、お絵描きしたり、デザインしたり、ヘッドホンのレビューを書いたり、ダーツしたりすることが趣味です。あと勿論ブログも。カオスでまとまりのない事を書きますが生暖かい目で見守ってくれると嬉しいです。